まぁイッカ

いか釣り初心者ですが猛烈に燃えています♪

カブト盃漁港へ

カブト盃漁港でエギを釣り竿で投げる練習をしてきました。(笑)


天気予報をみると風なし・波なしで西積丹には珍しく完璧な天気と思い まっすぐカブト盃漁港を目指しました。


気温は夜の9時で0度。2月から比べるとちょ~あったかい。
しかし風が思っていたより強く(2~3Mぐらい)体感温度は-3度ぐらいで3時間でギブアップ。


期待していたカブト盃漁港でしたがヤリイカがいなそうでしたので余市に場所を移しエギを投げる練習をしました。
ちなみに余市は車の温度計では-6度。
2月より寒いジャン!!(泣)
それでもイカが釣れるのに期待を込めて・・・。



いつもは2.5号前後のエギで狙っていますが今回は1.5~2号の小さめのエギの投げる練習をしました。
そのうちこの練習が役に立つ時が来ると信じまた練習に行こうと思っています。(笑)


今年に入って練習ばかり(笑)
そろそろ漁がしたいと思う46歳の春でした。

松前へ。

ヤリイカの聖地?


松前港に行ってきました。


なまらとおい(笑)


まずは明るいうちに下調べしていた漁港のチェック。


江良漁港・館浜漁港を下見しいよいよ松前港へ。
常連の人達は日が沈むのを待っていましたが1級ポイントと思われる先端へ。


1.8号 2.0号 2.5号 3.0号 3.5号の順でやってみるが生命反応なし!


漁港内で船が漁の準備をしている。
漁港内の漁は初めて見るので興味があり1級ポイントを捨て漁船に近寄る。


エンジンをつけライトをつけているが漁師は船の中から出てこない。
網を全然あげる気配なし。
それでも1時間以上漁船のそばでシャクっていたが諦めて他の漁港へ移動。


まずは館浜漁港へ


ヤリイカ釣りでライトは禁物との話は聞いたことがあったがおかまいなしにライトを照らすと・・・


いたっ!!!!!


ヤリイカが群れで泳いでいた!!


とっても速い(笑)


表層を猛スピードで泳いでいたのだが全然釣れない。


イカ狙いの釣り人を久しぶりに見たのでちょっとうれしかったがだぁれも釣れておらず悲しかった。


その後江良漁港へ移動。


ここでも生命反応なし!


が・・・1匹 釣れた!!


となりのおじさんが(笑)


胴長 25cmぐらいのヤツ。パラソルとは呼べないが久しぶりに釣れたイカを見た。


その後 しばらくしゃくってみたが疲れたので終了。


函館のホテルに戻ると1時でした。


松前はなまらとおい!!


翌日 函館近郊の漁港を計画していたが暴風で断念!


松前いかツアー 終了!




最近釣れないことに慣れすぎて釣れるイメージが出来ない。(笑)


イカは何処に・・・。






イカはどこに・・・

週末にいつもの余市に行ってました。
通い続けてますがイカは全くいません。


今回は気合を入れて古平の先端まで歩いてみました。
雪をこいで歩くととっても疲れましたが人がほとんど入っていないので釣れそうな気がします。
でも気のせいでしたが(笑)


この2か月間ほぼボウズなんで今週は別の角度で勝負してみようと思っています。


作戦は・・・


禁断の・・・


イカの聖地・・・


ザ!!松前漁港(笑)


マジで遠いぜ!!



計画としては松前漁港・館山漁港・住吉漁港・・湯の川漁港・入船漁港・船溜まり漁港で狙います♪


ヤリイカはいるのかな?


ボウズ慣れ

余市にしつこくイカ狙いで通っています。


最近釣れないのに慣れてきて竿を振っているだけが釣りだと思うようになってきました。


それって面白いのか?という質問をしたくなると思いますがそっとしておいてください。



禁断の松前遠征も考えておりますが遠征しボウズだった時のショックが大きいので止めておきます。


来週は・・・。


心折れるぜ~!!

アオリイカ狙いin沖縄

イカキチになりつつあるのを少し自覚しているたく!です。


北海道のイカがあまりにも釣れないので沖縄に行ってきました。


アオリイカを狙いにネットで情報を調べまずは本部(モトブ)へ。


竿をセットし海へ行くと・・・ザ!沖縄の海って感じ。


エメラルドグリーンでめちゃくちゃ綺麗!


でも・・・ものすごく浅い。


水深1~2Mぐらい。


これはシャロータイプのエギを使わないと根がかり連発しちゃう。


名護(ナゴ)の釣具屋で買った3.5号シャローでエメラルドグリーンを攻めてみたが生命反応なし。偏光グラスが大活躍で海の中がはずかしいほど丸見え。このポイントは終了。


次は本部漁港へ。
ここも水がとっても綺麗でしたがそれなりに深くたぶん7Mぐらい。


3.5号ノーマルタイプを使いシャクリ続ける。


普段使っている1.5号・2号とはまるっきり違って3.5号になるとものすごく飛距離がでますね。


エギングをしている人もそれなりにいて釣り上げたアオリイカを見る事ができました。


釣り上げられたアオリイカは300gぐらいのチビでしたが真っ白で目のまわりがエメラルドグリーンでとっても綺麗でした。


次のポイントは名護漁港(なご)にいきました。


これまた浅い!たぶん3Mぐらい。
外海側で釣り用のデッキみたいなところでシャクリ続けました。
地面には多数のイカ墨あと。
燃えるぜ~って感じでしたが・・・。


その後近くの海浜公園に行きしゃくりました。
ここも墨跡がいっぱい。


でも・・・。


うるま市の海中道路っていうポイントがありまして本島と島を5キロぐらいの道路がありその中央部にいかスポットがあります。
そこにいっておじさんに話を聞くと1kgの小さいイカがあがったとの話。
墨跡もたっぷり♪


またまたドキドキしながらシャクリまくり。
周りで釣れていないかな?ってキョロキョロ周りを見回していたら子供が何かを浮き釣りで釣り上げた。
近づいてみたらなんと・・・ウツボ(笑)


そして足を噛まれたらしい(笑)


足から血を流しながらタコも釣れたと見せてくれた。



またまた移動し道路でつながっている他の島へ。


コンビニもなく完全な秘境。


そしてシャクル。


またまた別の島へ行きシャクル。


・・・。


ホテルを那覇(なは)市内に移動し情報を求めにタックルベリーで買い物。


宜野湾(ぎのわん)漁港・マリーナがいいとの話。


そんで夕方に勝負をかける。


しゃくる。


シャクル。


syakuru.


漁港のポイントにはイカ墨跡があるのですごくわかりやすい。
マメイカ・ヤリイカとは違いアオリイカは大量に墨を吐くのが想像できる。


しかし釣れない。


そして強風の中しゃくり続けていたら何やらクネクネしたものがエギを追っかけてきた!


なんだろう・・・。


ぎゃ~!!!海蛇だ!!(笑)


エギを超ハイスピードで巻き上げ釣れない様に速攻で海面から持ち上げる。


あ~やばかった。


ロック用の竿とジグヘッド・テキサスリグ用シンカー・ワームなどを持っていったが毒のある魚がいるとの話で怖くてこちらはやりませんでした。
海蛇なんか釣れたらきもち悪くて針からはずせないしって感じ。


そして最後に那覇港へ。


ここはイカの情報は無いし墨も無かったのですが多少時間があったのでしゃくってみました。


結果は・・・。


結局4泊5日のイカ釣り旅行でしたが見事にボウズでした。


釣れなくてもエメラルドグリーンの海へエギを投げてしゃくるってのも気持ちが良かった~。って強がりを言ってみました。(笑)